茨城大学グローバル教育センター HP « CGE 茨城大学 » 茨城大学 HP
Japanese
Korean
Chinese
English

日本語教育プログラム

本プログラムは、外国語としての日本語を指導するために必要な専門的基礎知識と基礎能力の習得を目的とする。本プログラム修了に必要な単位数は26単位(必修科目12単位、選択科目14単位)である(注1)。
必要単位数を取得した者には、「茨城大学日本語教育プログラム修了証」を交付する。本修了証は、本プログラムの所定の単位を取得し、本プログラムを修了したことを証明するもので、日本語教員資格などを認定するものではないことに注意して欲しい。なお、現在、教育職員免許状のような公的な日本語教員免許制度はない(注2)。

(注1)本プログラムの教育課程編成は『日本語教育のための教員養成について』(平成12年3月文化庁の答申)で新たに示された教育内容に準拠する。法務省による日本語教育機関の告示基準(平成29年8月1日施行)の第1条第1項13号及び「日本語教育機関告示基準解釈指針」に示された「日本語教育機関における教員の要件」(平成29年度4月以降入学者から適用)を満たす教育課程となっている。
(注2)日本語教員の知識・能力を判定するものとしては、(財)日本国際教育支援協会(JEES)が実施している「日本語教育能力検定試験」がある。

[ プログラム履修について ]
※H29年度入学者から新カリキュラムになりますので注意してください。

受講対象者

(1) 本プログラムを受講できるのは人文社会科学部と教育学部の学生である。
(2) 本プログラムは人文社会科学部サブメジャーとなる。
(3) 本プログラムは学年進行で開講される。

履修科目及び履修基準について

本プログラムは選択科目と必修科目から構成されている。それぞれの履修科目及び履修基準は次のとおりである。
◆選択科目について
  1. 選択科目は、指定された基盤教育科目及び人文社会科学部・教育学部開講の専門科目から選択すること。
  2. 履修に当たっては、所属学部の履修基準に従い、各授業科目の履修上の注意をよく読んで履修すること。 
  3. 選択科目は、領域1「言語、言語と心理、言語と教育」、領域2「言語と社会、社会・文化・地域」の各領域4単位以上含み、14単位以上を履修すること

◆必修科目について

  1. 「思想・文学[日本語を考える]」は(日本語文法)、(日本語の諸相)の計2単位を履修すること。
  2. 「日本語教授法」はⅠ、Ⅱの順で履修すること。
  3. 「日本語教授法演習」「日本語教授法演習(海外)」はいずれか1科目を履修すること。
  4. 「日本語教授法演習」及び「日本語教授法演習(海外)」は3年次後学期又は4年次前学期に受講するが「日本語教授法演習」「日本語教授法演習(海外)」開始前に当該授業以外の所要単位をすべて取得済みであることが履修条件なので注意すること。また、「日本語教授法演習(海外)」は学内の交換留学に応募し、受入校への交換留学派遣候補者として推薦を受けることが履修条件となっている。
  5. 必修科目の「日本語教育概論」、「多文化社会と日本語教育」、「日本語教授法Ⅰ」、「日本語教授法Ⅱ」、「日本語教授法演習」「日本語教授法演習(海外)」は、全学共通科目として開講される。
  6. 「日本語教授法演習」の受講者数は、3年次以上後学期10名程度、4年次前学期10名程度であり、希望者が受入可能数を超えた場合は、必修科目(思想・文学(日本語を考える)〔1年次4Q・2年次1Q〕、日本語教育概論〔2年次前学期〕、多文化社会と日本語教育〔2年次前学期〕、日本語教授法Ⅰ〔2年次後学期〕、日本語教授法Ⅱ〔3年次前学期〕)の成績によって選抜する。選抜の時期は、3年次前学期の成績が出た時点(9月中旬頃)とする。その結果、「日本語教授法演習」を受講できず、本プログラムを修了できないことがあるので注意すること。
  7. 「日本語教授法演習」及び「日本語教授法演習(海外)」以外の必修科目は、必ずしも本プログラム修了を目指さない人文社会科学部・教育学部の学生も履修できる。
  8. 「日本語教授法演習及び「日本語教授法演習(海外)」は履修条件を満たしているかどうか、確認の上、履修申告すること。
表1必修科目(12単位)   ※基盤: 基盤教育科目  全学: 全学共通科目

 

授業科目

履修年次

開講学期

単位

基盤

思想・文学「日本語を考える(日本語文法)」

1年次以上

1年4Q

1

基盤

思想・文学「日本語を考える(日本語の諸相)」

2年次以上

2年1Q

1

全学

日本語教育概論

2年次以上

前学期

2

全学

多文化社会と日本語教育

2年次以上

前学期

2

全学

日本語教授法Ⅰ

2年次以上

後学期

2

全学

日本語教授法Ⅱ

3年次以上

前学期

2

全学

日本語教授法演習 または
日本語教授法演習(海外)

3年次以上

後学期
(前学期)

2

(注1)「日本語教授法演習」の期間は3週間である。その期間中に茨城大学の日本語クラスでの教壇実習を含む15回(30時間)の授業を行う。詳細は「日本語教授法演習」」履修条件確認時に渡される「日本語教授法演習案内」を参照のこと。
(注2)  「日本語教授法演習(海外)」は大学間交流協定校との協力で行う。渡航前に全学教育機構教員によるガイダンスを受ける。受入協定校で、担当教員の指導のもと、1学期に26時間以上日本語教育に関する学修(授業見学、採点補助、会話パートナー、教材作成補助、教壇実習など)を行う。帰国後レポートを提出し、帰国報告会を行う。履修登録方法等、詳細は履修条件確認時に渡される「日本語教授法演習(海外)案内」を参照のこと。受入協定校はインドネシア教育大学、仁済大学、トゥラキットバンディット大学、ソフィア大学。

開講科目について

平成29年度に開講される「日本語教育プログラム」の科目については、こちらを参照⇒(選択科目一覧

表2 「日本語教育プログラム」対応科目一覧

区分

領域

学部

授業科目

対象年

単位

学部

授業科目

対象年

単位

必修
科目

 

基盤

思想・文学【日本語を考える(日本語文法)】

1年

1

全学

日本語教授法Ⅰ

2年

2

基盤

思想・文学【日本語を考える(日本語の諸相)】

2年

1

全学

日本語教授法Ⅱ

3年

2

全学

日本語教育概論

2年

2

全学

日本語教授法演習 または 日本語教授法演習(海外)

3年

2

全学

多文化社会と日本語教育

2年

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

国語学概論

1年

2

基盤

思想・文学

1年

1

国語史Ⅰ

2年

2

基盤

ドイツ語Ⅰ

1年

2

国語史Ⅱ

2年

2

基盤

ドイツ語Ⅱ

1年

2

社会言語学入門

1年

1

基盤

フランス語Ⅰ

1年

2

社会言語学概論

2年

2

基盤

フランス語Ⅱ

1年

2

言語学概論

1年

1

基盤

中国語Ⅰ

1年

2

言語文法論

2年

2

基盤

中国語Ⅱ

1年

2

応用言語学入門

1年

1

基盤

朝鮮語Ⅰ

1年

2

応用言語学概論

2年

2

基盤

朝鮮語Ⅱ

1年

2

英語学概論

1年

2

基盤

スペイン語Ⅰ

1年

2

認知心理論Ⅰ

2年

2

基盤

スペイン語Ⅱ

1年

2

英語科教育法Ⅰ(注1)

1年

2

基盤

ドイツ語入門

1年

1

英語科教育法Ⅱ(注1)

2年

2

基盤

フランス語入門

1年

1

英語学概論A

1年

2

基盤

中国語入門

1年

1

英語科内容研究(注1)

2年

2

基盤

朝鮮語入門

1年

1

初等国語科内容研究(注1)

1年

1

基盤

スペイン語入門

1年

1

初等国語科教育法(注1)

2年

2

基盤

学術日本語Ⅰ(注2)

1年

1

中等国語科教育法Ⅲ(注1)

2年

2

基盤

学術日本語ⅡA(注2)

1年

1

国語学概論

1年

2

基盤

学術日本語ⅡB(注2)

1年

1

国語表現法

2年

2

基盤

学術日本語ⅡC(注2)

1年

1

人間教育の心理学(注1)

1年

2

 

 

 

 

2

日本文化再考

2年

2

異文化理解概論

2年

2

異文化コミュニケーション論

2年

2

言語と文化の諸相

2年

2

国際開発学

2年

2

基盤

人間とコミュニケーション

1年

1

国際協力論

2年

2

基盤

多文化共生

1年

1

平和学

2年

2

基盤

グローバルスタディーズ

1年

1

比較文化論

2年

2

 

 

 

 



◆必修科目・・・12単位履修
◆選択科目・・・領域1「言語、言語と心理、言語と教育」、領域2「言語と社会、社会・文化・地域」の各領域4単位以上を含み、14単位以上を3年次後学期開始前までに取得しておくこと。

注1: 「英語科教育法Ⅰ・Ⅱ」、「初等国語科内容研究」、「初等国語科教育法」、「中等国語科教育法Ⅲ」、「英語科内容研究」、「人間教育の心理学」は、教育学部生向け教職科目。(他学部生受講不可)
注2: 「学術日本語Ⅰ」「学術日本語ⅡA」「学術日本語ⅡB」「学術日本語ⅡC」は外国人留学生対象の科目。(日本人学生受講不可)

◆H28年以前入学者の修了に必要な単位

必修科目:12単位
選択科目:14単位

必修科目: *必修科目は1年次から履修できます

  授業科目 履修年次 開講学期 単位
教養 日本語を考える 1年次以上 後学期 2
人・専 日本語教育概論 1年次以上 前学期 2
人・専 多文化社会と日本語教育 1年次以上 後学期 2
人・専 日本語教授法Ⅰ 2年次以上 後学期 2
人・専 日本語教授法Ⅱ 3年次以上 前学期 2
人・専 日本語教授法演習 3年次以上 後学期 (前学期) 2

○選択科目(→選択科目一覧
*指定された教養科目及び人文学部・教育学部開講の専門科目から選択して下さい。
*「言語・教育に関する領域」、「社会・文化・地域に関する領域」の各領域4単位以上を含み、14単位以上を修得して下さい。

○平成29年度に開講される「日本語教育プログラム」の科目については、こちらを参照(→科目一覧

[ プログラムの特色 ]

日本語教授法演習(茨城大学での実習)

プログラムの最後では、茨城大学で学ぶ外国人留学生を対象に教壇実習を行います。教える授業・レベルは実習を指導する先生が教えている科目によって変わりますが、通常2つの異なるレベル・クラスでの教育実習ができます。自分で授業プランを作り、教材を作って授業に臨みます。緊張すると思いますが、きっと生涯忘れられない経験となると思います。

日本語教授法演習(海外)

交換留学生として半年から1年間派遣大学で学びながら、教壇実習を行うこともできます。

  1. 概要
    海外の協定校で日本語授業の見学や教壇実習等を行い、所定の条件を満たせば、日本語教育プログラムの必修科目である「日本語教授法演習(海外)」が履修できる制度です。 留学前に茨城大学で事前準備のための授業を行い、留学中は協定校の担当教員の指導のもとで、日本語クラスの授業観察、日本語学習者の会話パートナー、教材作成等補助、教壇実習などを行い、日本語教師として必要な知識・能力についての認識を深めます。帰国後に、レポートの提出及び報告会を行います。
  2. 応募条件
    ①留学する時点で、日本語教育プログラムの「日本語教授法演習」以外の必修科目・選択科目を全て修得していること
    ②学内の交換留学に応募し、受け入れ校への交換留学派遣候補者として推薦されること
  3. 履修時期
    「日本語教授法演習」以外の必修科目、及びすべての選択科目を履修していることが条件となりますので、留学開始時期は3年の後期以降となります。交換留学の応募は通常、前年の10月になりますので、約1年前に応募することになります。早めの情報収集を心がけてください。
  4. 受入れ協定校(2017年4月時点) 以下の協定校で交換留学生として学びながら、同時に日本語の授業の観察・指導補助・教壇実習等を行います。日本語を学ぶ現地の学生と交流する機会が多く、「友達がたくさんできた」「より充実した海外留学になった」との声が寄せられています。
    • インジェ大学(韓国)
    • ソフィア大学(ブルガリア)
    • トゥラキット・バンディット大学(タイ)
    • インドネシア教育大学(インドネシア)

◆プログラム修了者数と進路

プログラム修了者数の推移


学部

09後

10前

10後

11前

11後

12前

12後

13前

13後

14前

14後

15前

15後

16前

16後

合計

人文

8

0

7

1

6

0

4

1

7

3

2

4

    5

4

7

59

教育

0

0

0

0

1

4

5

1

0

1

4

0

    4

1

3

24

科目等

0

0

0

0

0

0

1

0

0

0

0

0

0

0

0

1

合計

8

0

7

1

7

4

10

2

7

4

6

4

9

5

10

84

(年間)

8

8

11

12

11

10

14

10

84

プログラム修了者の進路について

  • 一般企業
  • 日本語教育関連の大学院進学(筑波大、横浜国大、神戸大、茨城大、宇都宮大等)
  • 日本語教師
  • 教員(中学校・小学校)
  • 海外派遣「日本語パートナーズ」(国際交流基金事業)
  • 海外の日本人学校教員
  • 公務員
  • 大学職員
  • その他

◆プログラムの評価 ~修了生アンケートより~

プログラム修了者の声(2014年度修了者アンケート自由記述全回答掲載)
【日本語教育プログラム全体について】

  • 海外実習、貴重な経験でした。ありがとうございました。もっとたくさんの学生が海外実習出来たらよいと思います。
  • 留学生と話す機会があって嬉しかったです。
  • 基本的な日本語教育から応用的なものまで、さらに、さまざまな領域から勉強できてとても良かった。同時期に留学生で日本語教育を学ぶ学生がいたら面白かったかもしれない。 
  • 1年生から約3年間かけて終了するプログラムでしたが、1つ1つが新鮮で楽しかったです。異文化に触れたり、留学生と関わることが出来る選択授業が私は楽しかったので、その分野の授業が多いと嬉しいです。
  • 1年生からプログラムを初めて3年生になり、ようやく日本語教育とはどういうものか分かるようになった。1年生の最初に1度日本語教育の授業を見学する機会があると、今やっている勉強がどのように役立つか明確になりいいのではないかと思った。
  • とても貴重な経験に誇りを持ち、とても感謝、満足しています。本当にありがとうございました。
  • 留学生と交流する機会も多くあり、充実した3年間でした。学部生の外国人留学生がもっと参加してくれるようになれば、より日本語を外国語として考えるヒントを得られるのではないかと感じました。
  • 選択科目の制度は、学生個人の専攻・興味によって選択できるというメリットがあるが、日本語教育を意識している科目が少なく、選択によっては知識の偏りが出てしまう。その為、学生の負担が増えてしまうが、必修科目を増やし、その分の選択科目を減らすということをしてもよいかと思う。それでも、本プログラムでは日本語教育に対する最低限の知識を得ることができ、実際に学習者相手に教授することができるという貴重な体験ができ良かった。

特設コンテンツ


Welcome to Ibaraki University. This video clip will guide you how to get to the taxi stand at the north exit of Mito station from the bus stop where the bus from Narita International Airpor will arrive.