茨城大学グローバル教育センター HP « CGE 茨城大学 » 茨城大学 HP
Japanese
Korean
Chinese
English

海外留学~茨大から世界へ~

茨城大学はみなさんの海外留学を応援します。

茨城大学は世界各国の大学・研究教育機関と交流協定を結び、学生の相互交流を行っています。
語学力を向上させたい、最先端の研究がしたい、世界を見てみたい、留学を通してあなたの夢を実現させてください。
留学生センターでは、留学説明会、留学フェア、留学サロン、個別留学相談などを通して、海外留学全般や協定校に関する情報を提供し、海外留学を志す人をサポートしています。

1.茨城大学の交換留学制度

1.交換留学制度とは

茨城大学は海外の大学・研究機関と大学間・学部間交流協定を締結し、学術交流および学生交流を行っています。交換留学制度とはその中で学生交流協定を締結している協定大学に半年または1年間留学できる制度です。  交流協定大学は「大学間交流協定校」と「学部間交流協定校」の2種類があります。大学間協定校は学生の所属学部を問わず誰でも留学できますが、学部間交流協定校は協定を締結している学部の学生しか留学できません。大学院生に関しても同様です。

2.派遣期間

留学期間は1年以内です。大学によって原則一年間としている場合もあれば、1学期のみ留学できる場合もあります。留学先大学の学年歴に合わせて留学することになります。

3.派遣先大学での授業料等

本学が授業料相互免除の協定を結んでいる協定校に留学する場合には、留学先の授業料は免除されます。本学はほとんどの大学と授業料相互免除の取り決めを行っていますが、一部授業料自己負担となる場合もありますので、大学・学部間交流協定校一覧の詳細を参照してください。(大学・学部間交流協定校一覧参照) 渡航費、生活費等は自己負担となります。また、留学期間中も在学期間となりますので、本学に授業料を支払う必要があります。

4.単位について

留学先で取得した単位は、所属学部が認める範囲内で、所定の手続きに従って単位認定することが可能です。

5.応募方法と応募期間

留学を希望する学生について、派遣開始前年の10月に募集を行います。また、募集定員に欠員がある協定校について、当該年の4月に二次募集を行います。(申請がこれ以前の一部協定校を除く。) 学部を通して募集しますので、各学部の掲示板を注意して見てください。学部間交流協定校への留学に関しては各学部に問い合わせてください。 また、応募の際、TOEFL等の試験結果が必要となる場合もありますので、早めに受験をしてください。(英語圏・一部アジア圏への留学はTOEFLの試験結果の提出が必須です。)

6.学内選考について

大学間交流協定校への留学希望者を対象に各学部で第一次選考を行います。選考は、留学の目的及び語学力、並びに学業成績や修学状況を勘案して所属学部で面接を行い、適正等を判断します。 第一次選考の結果、学部から推薦された学生数が当該協定校の派遣可能者数を上回る場合は、留学生センターで第二次選考を行います。第二次選考では面接、教養科目の成績(成績評価係数)、志望理由書の3項目が選考基準となります。

注意!
学内選考は留学候補者を選考するものであり、留学の最終決定ではありません。最終的な判断は受入大学が行い、受入大学の受入許可取得等の手続きを経た上で、正式決定となります。
*学内選考合格後は原則として留学の辞退を認めていません。留学辞退により茨城大学の信頼を損なうことにもなりかねません。申請前に留学計画をよく練ってください。

7.奨学金について

①地方自治体、外国政府の奨学金、民間団体奨学金などの各種奨学金があります。調べてみましょう。→ http://ryugaku.jasso.go.jp/scholarship/

茨城大学海外派遣学生旅費支援金は、茨城大学の授業の一環として行う語学研修や文化研修等に要する旅費の一部を支援します。

2.各種海外プログラム

1.ダブルディグリープログラム(農学研究科)

茨城大学大学院農学研究科と、インドネシアの大学双方で2つの修士号を取得する特別教育プログラムです。

プログラムに参加する学生は、両大学の修士課程に入学し、両大学の修了要件を満たすことで2つ学位を取得します。ただし、学費は茨城大学でのみ発生し、一部の単位は相互に互換認定して修了要件とします。

1年程度インドネシアで研究活動と講義の受講を行い、2つの修士論文を作成します。

詳細:http://ddp.agr.ibaraki.ac.jp/japan/dd/iuddp.html

2.AIMSプログラム(ASEAN地域における学部生向け学生交流)

このプログラムは、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、ブルネイそして日本による、国際的な視野をもった人材輩出を目標とした国際共同教育プログラムです。

茨城大学は、東京農工大学、首都大学東京と連携して双方向交流プログラムを展開しています。

2016年度の派遣は農学部3年生および理学部4年生が対象です。語学力およびコミュニケーション能力を飛躍的に向上させ、さらに、海外大学での専門教育を通じて、世界で活躍できる適応能力を身につけることができます。

派遣対象として選抜された学生は、下記AIMS連携大学に1学期間留学して先方の授業科目を履修します。修得した科目は、卒業要件の単位(自由履修科目等)として認定されます 。

**2016年度AIMS連携大学:ボゴール農科大学(インドネシア)、ガジャ・マダ大学(インドネシア)、スリウィジャヤ大学(インドネシア)、カセサート大学(タイ)

詳細:http://ddp.agr.ibaraki.ac.jp/japan/aims/aims.html

3. 日本語教育海外インターンシップ

日本語教育プログラム受講者を対象としたプログラムです。

海外の協定校で日本語授業の見学や教壇実習等を行い、所定の条件を満たせば、日本語教育プログラムの必修科目である「日本語教授法演習(海外)」が履修できる制度です。

応募条件は、①留学する時点で、日本語教育プログラムの「日本語教授法演習」以外の必修科目・選択科目を全て修得していること、②学内の交換留学に応募し、受け入れ校*への交換留学派遣候補者として推薦されること、が条件となります。

*受け入れ校:仁済大学校(韓国)、アラバマ大学バーミンガム校(アメリカ)、インドネシア教育大学(インドネシア)、トゥラキット・バンディット大学(タイ)、ソフィア大学(ブルガリア)

4. 海外インターンシップ

本学の学生就職支援センターでは、6月に、ハワイでのイベント運営体験インターンシップ、11月にはベトナムでのPBL(課題解決)型インターンシップを開催いたします。

国際感覚を兼ね備えた職業人養成のためのプログラムとして一年一年進化している素晴らしいプログラムですので、是非とも参加してください。

詳細:学生就職支援センター:
029-228-8797、http://ssc1.admb.ibaraki.ac.jp

5. 上海スタディーツアー

本学と、茨城県国際交流協会が共催する、講義とフィールドワークを兼ねた新しい形の研修です。

参加者には、事前に、教養科目「中国文化理解」を履修してもらい、その成果を春休み5日間の上海研修で発揮してもらいます。

当地では1DAYインターンシップや中国人学生との交流などを行いますので、中国に興味がある人はぜひ参加してください。

詳細:国際戦略室:
029-228-8839、oisi-uni@mx.ibaraki.ac.jp

特設コンテンツ


Welcome to Ibaraki University. This video clip will guide you how to get to the taxi stand at the north exit of Mito station from the bus stop where the bus from Narita International Airpor will arrive.