茨城大学グローバル教育センター HP « CGE 茨城大学 » 茨城大学 HP
Japanese
Korean
Chinese
English

帰国が決まったら
[ 帰国前の手続きについて ]

帰国が決まったら

日本から出国する前に、済ませておくべき手続き等があります。

学内での手続き、学外での生活上の手続き、帰国当日の手続きについて、以下の項目を参考にしながら、手続き漏れがないように、段取りよく準備を始めましょう。

※外国人留学生のためのガイドブック46ページも参照してください。

学内での手続き【全留学生に共通】
わからないことがあれば、まず留学交流課で相談・確認しましょう。

<必要事項の例>
●指導教員に帰国日を知らせます。
●留学交流課・学部などで必要な手続きを確認します。
●成績証明書や修了証などの発行を十分余裕を持って依頼します。
●帰国後の連絡先の届け出(住所、電話番号、E-メールアドレスなど)をします。
●学生証の返却をします。
●帰国日およびフライト予定が決まり次第、必ず所属学部の学務係に報告してください。

学外での生活上の手続き 【各自、必要な手続きを行ってください】

該当する事項に関して、必要な手続きを行います。

下記の事項を参考にしながら、手続きを進めて下さい。

なお、手続きによっては、本人の申請が求められる場合があります。そのような場合は、友人・知人が代理で手続きを行うことができませんので、必ず本人が手続きを済ませてから帰国して下さい。

<必要事項の例>
住宅関係: 家主・管理会社等への退去告知(契約書に記載の告知期限に注意して下さい)
国際会館の場合: 

少なくとも1か月前に、退去届を留学交流課に提出します。 退去月までの寄宿料・共益費を納めて下さい。
※ 詳しくは、留学交流課配布の「国際交流会館の退去のお知らせ」をご覧下さい。
アパートの場合: 

退去日の1~2ヵ月前(契約内容による)までに、家主または管理会社へ連絡します。連絡が遅れると余分に家賃を請求される場合があります。早めに連絡しましょう。
※ 部屋をよく掃除し、退居日に家主・管理会社に点検してもらいます。
※ 部屋の状態や契約内容によっては、修繕費やハウスクリーニング料を請求される場合があります。できる限り入居時の状態に戻して退去しましょう。

銀行関係: 口座の解約、クレジットカード・キャッシュカードの解約、自動引き落としの解約
銀行窓口に通帳・キャッシュカード・届出印を持参し、本人が口座解約の手続きを行います。 銀行自動引き落とし等があれば、その解約も忘れずに行います。
※ 通常、窓口の受付時間は、平日(月~金、祝日を除く)のみで、銀行は午後3時まで、郵便局は午後4時までです。

市役所: 国外転出届け、国民健康保険の脱退手続きと保険証の返還、未払い保険料の精算
帰国する数日前に、市役所で転出の手続きをします(パスポート・在留カードを持参) 国民健康保険の脱退手続きを行い、保険証を返却し、未払い保険料があれ ば支払います。
※ 脱退手続きを行わないと、国民健康保険料が請求され続けるので、注意して下さい。

各種利用契約の解約:光熱水料(電気、ガス、水道)、電話料、NHK放送受信料、携帯電話の解約
電気会社・ガス会社・水道局にも、退去日(帰国日)を連絡し、料金を精算します。
固定電話・携帯電話・インターネットの解約も忘れずに行います。

  • やむを得ず、帰国前に料金精算が完了できない場合は、必ず友人等に精算を依頼して下さい。

不要物の処分: 市役所などで確認
不要物は、燃えるごみ、燃えないごみ、粗大ごみ等、住居のある地域のルールに従って処分し、退去後、部屋に放置することのないようにしましょう。また、冷蔵庫の中身もすべて処分し、何も残さずに退去しましょう。


荷物の発送手続き: 帰国前に自国に送り返す荷物の発送手配
郵便局:

航空便、エコノミー航空(SAL)郵便、船便の3つの方法があります。 航空便は早いですが、費用はかなり高いです。船便は航空便に比べると安いですが、受け取るまでに数ヶ月かかることもあります。 比較的安く、早く荷物を送りたい場合、エコノミー航空(SAL)郵便を利用するとよいでしょう。詳しくは、最寄りの郵便局に問い合わせるか、もしくは下記 のサイトをご参照下さい。
「留学生応援ページ国際郵便らくらくナビ」(日本郵便):http://www.post.japanpost.jp/int/ems/ryugaku/index.html


引っ越し会社: 

引っ越し会社でも海外引っ越し荷物の発送を行っています。
ヤマト運輸 国際宅急便:http://www.kuronekoyamato.co.jp/kokusaitakkyubin/kokusaitakkyubin.html

郵便物の転送:日本にいる知人への転送依頼(1年間可能)
必要があれば、本人が手続きしておきましょう。


自国の大使館: 留学を終えて自国に戻ることを、必ず報告しましょう。


活動機関に関する届出
帰国前に必ず「活動機関に関する届出」に記入し、入国管理局に提出しましょう。書類の提出は電子届出システムを利用するか、入国管理局に持参するか、東京入国管理局に郵送して下さい。
【郵送先】〒108-8255
東京都港区港南5-5-30
東京入国管理局 在留管理情報部門 届出受付担当
*封筒の表面に朱書きで「届出書在中」と記載してください。
*郵送の場合は、在留カードの写しを同封して下さい。

帰国当日の手続き 【全留学生に共通】

在留カードの返却
日本を出国するとき、空港で所持する在留カードを入国審査官に返納します。

特設コンテンツ


Welcome to Ibaraki University. This video clip will guide you how to get to the taxi stand at the north exit of Mito station from the bus stop where the bus from Narita International Airpor will arrive.